おはようございます! きらっと プラス の店長児島です
NHKのほっとぐんま630で碓氷製糸工場が紹介されて生糸が作られる行程が放送され工場見学の募集がありました
【 繭(まゆ)と生糸は日本一 】 群馬県人は子供の頃から遊び学ぶ【上毛かるた】の一節です
絹製品を販売する側の人間としても大いに関心があり見学に参加しました


IMG_5094_2.jpg
▲1時間半ほど車を走らせ国道18号線から10分ほどで、妙義の山あいの中に赤い屋根の工場が見えてきました


IMG_5107_1.jpg
▲養蚕農家から出荷された繭は長期貯蔵するために傷まないうちに乾燥します


IMG_5120_1.jpg
▲繭(まゆ)を煮て糸を取り出し、数個の繭から1本の糸に抱合する


IMG_5128 _1
▲繰糸機から生糸を乾燥しながら巻き取っていきます


IMG_5134_1.jpg
▲こうして蚕種ごとに仕上げられた生糸が全国に出荷されて絹製品が作られていきます


振袖胴裏_1
▲当店で、販売し仕立てにも使用している胴裏 ーぐんまレピアー
群馬蚕種の生糸から国内工場で5つ星以上のシルクを使用して織り上げた最高級胴裏地

今回、繭から生糸になる過程を見学させて頂いて一つづつの工程に訳があり驚きと感動がありました

養蚕に関わる人、桑を栽培する人、糸を作る人、織る人、染める人、販売する人、仕立てる人と
一体何人の人の手を経て着物となるんだろうと想いを巡らせています

一枚の着物に至るまでの先人からの情熱と叡智と努力の賜物である和の文化を感じつつ
着物を身にまとうありがたさ、ぬくもりを楽しんでいきたいと思っています!
category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
こんにちは! きらっと プラス の店長児島です。 
伊勢崎市の赤堀歴史民俗資料館で開催中の「銘仙万華鏡-増田コレクション」行ってきました

IMG_4262_1.jpg
▲入口を入ると左手に四季の草花模様の華やかな伊勢崎銘仙の着物がところ狭しと迎えてくれる

IMG_4263_1.jpg
▲シーズンごと、花名まで札が付けられて分かりやすい

IMG_4274-1.jpg
▲入口の右手はクラシックモダン

IMG_4265_1.jpg
▲先人の知恵と研究が新しい技法を開発し、斬新な図柄を生み出し華やかな色合いも好まれ一世を風靡した

IMG_4267_1.jpg
▲幾何学模様

IMG_4272_1.jpg
▲子供の伊勢崎銘仙きもの 右手はワンピース

IMG_4271_1.jpg
▲2階の展示室-機織り道具や養蚕道具など

Image_20220627_0002-1
▲伊勢崎市赤堀民族資料館パンフレットより抜粋
1階の展示室に伊勢崎市内から出土した石器や土器、埴輪が展示されており、あらためて驚く
それぞれ1片ずつの発掘品を知恵の輪やパズルのような執念とも思える組み立てでここまで復元したのかなあ?
コンピューターの力も加わるとしても気が遠くなるような作業、努力の積み重ねを感じる

Image_20220627-2
▲伊勢崎市 広報いせさきより抜粋
銘仙万華鏡  開催期間中6/17~8/28
機織り体験もおすすめです  
機織り指導員の方たちがボランティアで手取り足取り教えてくれます
【本物の機(はた)で、自分の手足でコースターを織る】伊勢崎ならではの体験です

何千年前の考古学の世界と、少し前の伊勢崎銘仙の時代にしばし思いを馳せる居心地の良い空間でした
ぜひみなさんもこの夏、赤堀へ足を運んでみてはいかがでしょうか
category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
こんにちは。 きもの&ジュエリー サロン・ド 裕理の店長 児島です。

伊勢崎市の広報で観光バスツアーの 【田島弥平ゆかりの地~横浜】の募集があり、参加してきました。
今年6月25日に田島弥平旧宅が世界遺産に登録されました。
富岡製糸場といっしょにその絹産業遺産群ということで蚕の飼育やイタリアに直輸出を行い、
明治時代から日本の絹産業の発展に大きく貢献した田島弥平氏、そのゆかりの地横浜の観光ツアーです。

サロン・ド 裕理でもご当地伊勢崎銘仙の販売もしてますし、絹の仕事に関わる情報も勉強したい思いで
店長児島と社長の児島宏治と二人で参加しました。

DSCN9380.jpg
▲横浜のシルク博物館

DSCN9389.jpg
▲ビルの2階がシルク博物館で、絹に関する様々な資料が展示されてます

DSCN9382.jpg
▲シルク博物館 見学の様子

DSCN9386.jpg
▲高機-伊勢崎銘仙はこの形の機で織ります

DSCN9396.jpg
▲蚕の情報が細かく説明されてます

DSCN9400.jpg
▲道具の展示

DSCN9403.jpg
▲館内で開催されていた染色作品展-全国各地から応募があり、まだまだ頑張って
いらっしゃる方々がたくさんいると思い、ホッとする気持ちでした

DSCN9558.jpg
▲シルク博物館で販売していた【まゆ美水】

【まゆ美水】
群馬県産シルクから抽出された高機能のうるおい成分セリシンを配合した
保湿ローション。まゆ美水はセリシンをぜいたくにたっぷり配合し、真珠エキス、ヒアルロン酸、
ローヤルゼリーエキスをプラスした保湿化粧水です。

160gで1800円(税抜)とお買い求め安い価格で販売。
化粧水はたっぷり使って保湿することが、美肌への道のようです。無香料で使いやすく私も愛用してます。
美顔にはなれませんが美肌にはなれます。 税込価格1,944円です。
サロン・ド 裕理でもお取扱いしています。ぜひお試しください。 

DSCN9408.jpg
▲慶華飯店-おおきな看板も無く、見過ごしてしまいそう
 
お昼は横浜中華街で各人自由昼食。児島社長はさすが、きのう中華街の本を買ってきてどこで食べるか?
何を食べるか? 穴場は? 地元の人はどこへ? 検討の結果今回は慶華飯店に決定。

DSCN0647.jpg
▲エビワンタン-エビが丸ごと一尾はいって、ワンタンが12個 あっさり味なので飽きずに最後までおいしく食べられる

DSCN9411.jpg
▲三溪園

生糸貿易で財を成した実業家の原三溪が、各地より移築した歴史的建造物や広大な庭園、そして絵画、
美術工芸品の展示がある。残念ながら雨が降り、散策は入口周辺のみ。

DSCN9415.jpg
▲風光明媚な庭園で、結婚式の前撮り写真を撮っている方達が5~6組ありました

1日ゆるりと横浜観光の旅を楽しみましたが、【田島弥平ゆかりの地~横浜】の表題のツアーなので
田島弥平氏あるいは絹産業のお話しが伺えるのかと思いきや、それらのガイドは何もなく少々がっかりです。

シルク博物館でも各展示資料がたいへん細かく書かれていて、私など絹の仕事に携わっていても
知らないことがたくさんあったので、ガイドブックや資料の印刷物があれば欲しいと思いました。
博物館の方にお聞きしましたが、そういう物は無いとのこと。ウーン モッタイナイ! 残念!

にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg

category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
こんにちは!  きもの&ジュエリー サロン・ド 裕理 の店長 児島です。

秋晴れの穏やかな日になり、銘仙を着て「のほほんまち歩き」には最適な日和です。
きょうは伊勢崎銘仙着付けのお手伝いをしました。 

障子を開けて洋服で入って来たときのお顔と、お髪を結い銘仙を着付けて出掛けて行くときの
表情は別人のように輝いてました。

DSCN0488.jpg
 ▲アンティークならではの大胆なおしゃれが楽しめます

DSCN0509.jpg

DSCN0523.jpg

DSCN0530.jpg

DSCN0493.jpg
 ▲手提げや下駄まで揃っていて着物に合せて選ぶのも又楽しい

プロカメラマンの写真撮影もあり豪華な企画で、皆さん晴れやかな表情でした。

にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg


banner_bottom_homepage2.jpg
  banner_bottom_myauction.jpg
category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback

銘仙バッグ

2013/12/24 Tue 12:54

こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

本日は当店で扱っている、度々ご紹介してる木島織物さんの銘仙を使用したバッグのご紹介です。

こちらのバッグの柄は、独特な色合いの緑地の生地に濃い緑の矢羽根の柄を配して、
その矢羽根の中央に明るい色合いの朱色と黄色と緑のラインが縦に通っていて
同系色のシックの中にさりげない明るさ、色鮮やかさがあり、
シンプルなようでおもしろいデザインの銘仙の柄です。

img_1534767_64576505_53.jpg

機能としては内側の片面にはポケットが2つ付いていて、
中央のジップ付きポケットはバッグの中を2つに隔てるのではなく、
ぶら下がっているようなかたちで使い勝手が良いと思います。

saron_do_yuri-img600x450-1383270552jkc1ef81715.jpg

江戸時代に結婚の際に矢絣の着物を持たせると出戻ってこないと言われ、
縁起柄とされるようになったため、(射た矢が戻ってこないため)
小紋などにも矢羽模様が使用されていました。

上質な銘仙を使用したバックで、たいへんしっかりとした造りになっています。
裏も正絹を使用して丁寧なつくりです。ネットで見かけることもまずないと思います。

saron_do_yuri-img600x449-1383270552o3w27081715.jpg


たいへん使いやすい大きさとデザインで
洋服にも和服にも合いますし、さりげないおしゃれが楽しめます。
又、贈り物にも最適で喜ばれると思います。

同じ生地の反物も出品しています。
この機会にぜひお求め下さい。


サロン・ド 裕理






にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg

category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

昨日まで伊勢崎明治館において「木島一雄メモリアル」と称してきじま銘仙
展示がありました。
昨年12月に亡くなられた木島一雄氏の創作品の着物、反物が展示されました。

伊勢崎銘仙
-伊勢崎明治館-

伊勢崎銘仙
-木島一雄メモリアル-

生涯、銘仙の魅力を追い求め、織物業界が衰退する中にあって、常に創作意欲を持ち続け
品質の高い銘仙のの開発に力を注ぎました。

昨年のNHKの朝の連続ドラマ”カーネーション”の中で、尾野真千子さん演じる
ヒロインの糸子をはじめ、多くの人がドラマの中で木島さんの銘仙を着用していました。

又、デザイナーコシノジュンコさん、ミヤケイッセイ氏のファッションショーに着用されたり
きじま銘仙のブランドを確立しました。

1-DSCN3186.jpg
-NHK朝の連続ドラマカーネーションで着用された着物-

1-DSCN3189.jpg

1-DSCN3190.jpg

1-DSCN3197_20131105171331d12.jpg

1-DSCN3191.jpg

1-DSCN3192.jpg

1-DSCN3194.jpg
-男物着物 キャスケットもお揃いで―

1-DSCN3195-001.jpg

1-DSCN3196.jpg

1-DSCN3212.jpg

1-DSCN3199.jpg
-銘仙でドレス-

1-DSCN3193.jpg

1-DSCN3203.jpg

1-DSCN3201-001.jpg

1-DSCN3205.jpg
-銘仙の振袖-

1-DSCN3209.jpg
-銘仙の振袖-


1-DSCN3211.jpg



サロン・ド 裕理では地元伊勢崎の小売店として、
木島さんのつくる質の高い銘仙・織物を多くの方にご紹介できればと思っています。
ヤフオク!にも「きじま銘仙」を出品していますので、ぜひそちらもご覧ください。


サロン・ド 裕理


にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg

category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   1 comments   0 trackback
こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

ボランティア「織りの会」の研修でちちぶ銘仙館へ行ってきました。

1-DSCN2985.jpg
-昭和の面影を残すちちぶ銘仙館正面-

1-DSCN2987.jpg
-国の登録有形文化財のノコギリ屋根の工場棟-

1-DSCN2992.jpg
-糸に撚りをかける撚糸機、左手に見えるのが、説明してくれる新井さん-

1-DSCN3005.jpg
-型を使って、反物の長さ分染めていく-


1-DSCN3011.jpg
-ここでコースターを織る体験ができる-

1-DSCN3036.jpg
-銘仙・和小物などの展示、販売コーナー
 
秩父には常設で体験や展示、販売のできる会館があり、ご当地伊勢崎から見たら羨ましい限りでした。
しかも年末年始以外は開館しているということですから、指導員・経験者・機業家を含め
市をあげての協力体制もあることでしょうが、伝統文化を守ろうとする地域全体の意気込みを感じます。

伊勢崎市では小学3年生に機織り館で、コースターを織る体験の授業があります。
わが伊勢崎市のすごさは縦糸、横糸とも絹糸を使用して織っていることです。

秩父では、コースターの糸は綿の残糸を使用しているそうです。
綿と絹ではしなやかさや艶もちがいますし、何より小学生はお蚕や繭や絹糸になる過程を
勉強してきて機織り体験に臨みます。
絹糸で織るコースターは伝統を知る良い経験だと思います。
昨今、絹糸の供給が少なくなってきたそうですが、頑張って絹糸で続けたいものです。

なんと言っても群馬県は「まゆと生糸は日本一」ですから-上毛かるたより-


にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg

category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

本日は銘仙で有名な木島織物さんが織る品質の高い大島紬のご紹介です。


大島紬


大正・昭和初期にかけて、日本人のおしゃれ着として一世を風靡し、
色鮮やかで大胆な柄の銘仙が、アンティーク着物ブームもあり注目されていますが、
今回ご紹介する商品は、上質の銘仙を作り、ファンも多い「きじま銘仙」を作る
木島織物さんの織る大島紬「木島大島」です。


大島紬

大島紬

色柄共に独特で、細かい柄もその伊勢崎銘仙独特の”解し”の技術で
木島織物さんが作る大島の織物で、柄の美しさ、品質の高さも素晴らしいもので、
都内の百貨店などでは20万円程度の値段が付いており、人気の品だそうです。

希少な商品を市場価格の半値以下でご提供しています。
よろしければ御覧ください。

サロン・ド 裕理




にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg

category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

明治館へ銘仙のコサージュを買いにおじゃましました。

1-DSCN2097.jpg
-銘仙のコサージュ-

このコサージュは明治館の職員の方が手づくりしているそうですが、髪止め、手提げ、帽子に
留めたりと、色々に使えるかわいいコサージュで銘仙の風合いと手作り感がとても良く気に入ってます。

サロン・ド 裕理では銘仙をお買い上げのお客様に、コサージュをサービスに付けようと思って購入しました。
銘仙の端切れ(70cm)もサービスに付けてお客様が物づくりを楽しんでいただけたらと考えています。

伊勢崎銘仙の地元らしい販売をしたくて、何か喜んでいただける付加価値は?と考えています。


1-DSCN2080.jpg
-明治館-

明治館では「夏いろ銘仙展」の開催中でした。

クーラーも扇風機もない時代にいかに涼やかに装うのか?素材や色合いに工夫をしながら
おしゃれ心も楽しみながら暑い夏を乗り切る昔の人達の知恵とパワーを感じます。

1-DSCN2071.jpg

1-DSCN2073.jpg

1-DSCN2072.jpg

1-DSCN2079.jpg
-ゆかたを思わせる柄もありますが、綿ではなく絹ですからねェ-

1-DSCN2078.jpg

1-DSCN2077.jpg
-涼やかな色合いで大胆に-暑さを吹き飛ばす知恵かもしれません

1-DSCN2075.jpg

1-DSCN2074.jpg

1-DSCN2076.jpg

夏休みということで小学生がお父さんと見学に来ていて、明治館の職員の方が、
銘仙のことや明治館の建物の説明を熱心にされていました。

サロン・ド 裕理でもホームページ・ヤフオクで順次伊勢崎銘仙を紹介していきます。
こうご期待を! もちろんコサージュのおまけ付きです!

にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg

category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

先週、伊勢崎銘仙の商品の仕入れのため、木島織物さんを訪ねました。

DSCN0827b.jpg
玄関を上がると反物が山のように積まれています。柄を一つ一つ確認する児島社長

伊勢崎で銘仙を制作する数少ない織元さんの中で、木島織物さんの名前は、
黄色いラベルに黒い”きじま銘仙”の文字で見かけたことがあるかと思います。

DSCN0894b.jpg
きじま銘仙のラベル。NHKドラマ”カーネーション”の劇中で糸子が着用していたものです。

現在”銘仙”の名前で、品質の良い新品を扱う呉服屋さんの店頭やオンラインショップで見られるのは、
多くが木島さんのところの商品なので、銘仙を好きな方は目にされたことがあるかと思います。
昨年の12月にご主人の木島一雄さんが亡くなられ現在は奥様が社長をされています。

先代の木島一雄さんはコシノジュンコさんとも親交があったそうです。
NHKの朝の連続ドラマ”カーネーション”の中で、尾野真千子さん演じるヒロインの糸子が着ていた銘仙をはじめ、
登場人物の着ていた銘仙の何点かも、木島さんのところで作られた銘仙なんですが、
コシノさんは木島さんの所のモノと知らずに使われていたそうで、
番組スタッフの方が質や木島さんの製品を見て使ったことからも、きじま銘仙の質の高さが伺えますね。

IMG_0535b.jpg

劇中で糸子が着用していた銘仙ですが、同じ柄でも糸の使い方でイメージがだいぶ変わって見えますね。

DSCN0831b.jpg

こちらも劇中で糸子が着用していましたね。
サロン・ド 裕理のロゴマークにも使われている矢羽根が使われています。

DSC_6747b.jpg

DSCN0897b.jpg

こちらは木島大島という名前で作られた大島を意識して作られた美しい品です。
大島紬というと、”本場大島”の登録商標が付くと値段が跳ね上がります。
こちらの商品は、産地や細かい工程は異なっても、商品としての品質は商品をご覧になっていただけば、
その品質の高さは伝わるかと思います。
某百貨店さんでは200、000円前後の価格が付いてる品だそうです。
後日 サロン・ド 裕理のオンラインショップでも掲載予定ですが、
半値くらいの金額でご案内出来ればと考えています。



銘仙で作られた半巾帯、袋帯も見せて頂きました。

DSC_6786b.jpg

こちらは同柄で合わせてご紹介出来ればと思います。

IMG_0532b.jpg

この反物の柄は先代の社長がサッカーのなでしこJAPANの活躍を見て、
なでしこJAPANをイメージして描かれた柄だそうです。

IMG_0529b.jpg

こちらは過去の銘仙の記事の中で紹介したイッセイミヤケさんとのコラボレーションの中で作られた柄とは別の柄です。
色鮮やかでモダンな印象もある格子柄です。

後日木島織物さんの制作過程や、仕入れた商品の説明などを掲載出来ればと思います。
銘仙好きな方は是非チェックしてみて下さい。

にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg

category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
  |  home  |  next »