スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告

お仕立て替えの依頼

2013/03/21 Thu 16:59

こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

きょう、お仕立て替え依頼の着物が、宅急便で届きました。お姉さまから頂いた着物を洗い張りして、
ご自分の寸法に合わせて、お仕立て替えしたいとの依頼です。

1-DSC_5508-2.jpg

まず、新しい寸法に対応できるかチェックします。昔の反物は、幅がせまかったので今の若い方は
、肩幅や腕も長いので、長さが足りるか確認です。
そして洗い張りをしてから、シミ、汚れが残っている場合は、その時点でシミ抜きをします。
そして胴裏・すそ廻しの黄ばみや、切れがないか、部分的にやけていないか、このまま使用できるか確認をし、
仕立てにまわします。

一度、ほどいた着物は、墨うちといって反物の耳のところに黒い墨で、どことどこが縫い合わさって着物として、
組立られていくのかしるしがあります。
仕立ての職人さんは、もちろんプロですから、墨うちだけで縫いあがりますが写真もあったら安心かなと思い、
柄の配置が解るように写真に残します。

1-DSC_5509-2.jpg

再生品は、新しいもの以上に、点検と万全の注意をします。そして、生まれ変わっていきます。 


にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg


category : きもの・帯   0 comments   0 trackback
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。