スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告
こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

最後に伊勢崎銘仙の今について書いてみます。

伊勢崎絣は十八世紀になると「伊勢崎太織」として全国に知られるようになり、
庶民のふだん着として多くの人に親しまれてきました。
明治時代になると「伊勢崎銘仙」と呼ばれるようになり、
大正から昭和のはじめにかけて爆発的な人気を得て大量に生産されました。

img001.jpg
耳隠しといわれる髪型をして流行のパラソルを持ち、縞銘仙や併用絣の銘仙を着こなした女性

img002.jpg
伊勢崎織物協同組合のポスター。モデルは女優の槙芙佐子。

昭和三十年代以降は、洋服が広まったことで生産量が激減しました。
しかしその技術の高さは評価され、昭和五十年には
「締括絣」「板締絣」「併用絣」「緯総絣」の四種類が伝統的工芸品として国から指定を受けました。

今では着物は特別な日に着ることが多くなりましたが、、近年の”アンティーク着物ブームで見直されてきています。
また人気の一つの要因として、NHK朝の連続ドラマ「カーネーション」でヒロインの尾野真千子さん演じる糸子が
着用していたのも木島銘仙さんの伊勢崎銘仙です。


尾野真千子さん演じる小原糸子

ヒロインの糸子のモデルはファンションデザイナーのコシノ三姉妹(コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコ)の
母親の小篠綾子さんということもあり、コシノジュンコさんブランドから木島銘仙さんの銘仙が販売されています。
作中ではヒロインの尾野真千子さん演じる糸子以外にも、栗山千明さん、田丸麻紀さん、夏木マリさん、
小林薫さんなど様々な出演者が銘仙を着ているシーンが見られます。

img005.jpg
栗山千明さん演じる吉田奈津

img004.jpg
小林薫さん演じる小原善作


銘仙や”カーネーション”などは様々な書籍やDVDになっているのでご覧になってみてはいかがでしょうか?
私達夫婦も今レンタルで”カーネーション”を見ています^^

71pX04.jpg 51XK5w.jpg 51xo3W.jpg

51Y0T.jpg  51O1Y0.jpg  51N820.jpg
画像クリックでAmazonの商品説明がご覧になれます。

また木島銘仙さんの生地はISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)のファッションショーにも使われています。

issey_miyake_show.jpg
パリコレのショーで着用された格子柄の銘仙。

high fashion誌のウェブサイトでショーの動画がご覧になれます。
http://fashionjp.net/highfashiononline/feature/collection/isseymiyake_11ss.html

また過去の日記記事でも書きましたが、伊勢崎銘仙の会が運営して、神社や体育館、おりもの会館などの
いくつかの施設の「銘仙の日」という名前で銘仙に関するイベントが開かれ、
モダンな着こなしの銘仙やドレスにリメイクされた銘仙などが披露されました。


The Meisen Revolutionと名付けられたファッションショー

また近年の「国家の品格ブーム」やナショナリズムやエコなど、
日本人の価値観が変わって来ているのも一つの要因かもしれませんね。和装婚なども増えてきています。
ヨーロッパで日本のZEN(禅)が注目されているなど影響しているかもしれませんね。

織物用の糸を生産する養蚕農家や蚕のえさとなった桑畑は、姿を消しつつあります。
しかし伊勢崎市境島村には大型養蚕農家が残り、かつての養蚕や織物で栄えた伊勢崎の風景を思い出させてくれます。
また一部の工房では見学させてくれるところもありますし、
いせさき銘仙の会が主催するイベントをご覧になるのも良いかと思います。

本を読んだりももちろんですが、歩いてそして体験して伊勢崎織物の歴史を体感していただければと思います。 


にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg


category : 伊勢崎銘仙(伊勢崎絣)   0 comments   0 trackback
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。