スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告

滝泰振袖・となみ帯納品

2013/04/25 Thu 16:34

こんにちは! ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

2月に販売して、当ブログでも紹介した滝泰の振袖と、となみ帯びの納品となりました。

総絞りであり総柄袷せであり、一級和裁士ベテランの仕立て屋さんにをお願いし、丁寧に仕立てていただきました。
すそまで細かくぐし縫いがしてありました。



販売した時と、組み合わせが変わったのは、帯締め、帯揚げ、草履・バックセットです。
帯締めは、赤から黒へ同じもので変更ですが、帯揚げは衿秀さんという京都の和装小物の老舗に注文し、
シボの最もアライちりめんの緋赤の色を指定し誂えました。

1-1-DSCN0428-2.jpg

梅の花柄は日本刺繍です。
帯の上端にわずか3センチくらいしか色柄が出ないのですが、総絞りの逸品振袖には
これくらいのボリュームがないと着物に負けてしまいます。
この帯揚げに児島社長のこだわりがあります。京都の衿秀さんが協力してくれました。
納得いく帯揚げになり安心して納品となりました。

1-草履バック 097

-持ち手の部分は赤のちりめん地ですが、白い紙で保護してます- 
帯揚げとピッタリです。草履・バックも衿秀さんの製品です。
これは以前、社長が仕入れて、持っていたものですが、そこの梅の花柄と合わせて、バランスをとりました。

1-1-1-DSCN0419.jpg
-長襦袢-やはり絞りを合わせました。

白黒の振りの部分から赤い長襦袢がのぞきコントラストがとれて華やぎます。

1-DSC_6192.jpg
-たとう紙に入れて衣裳箱へ-

1-1-1-DSC_6160.jpg
-小物一式-

実は納品した帯揚げは最初に決めた帯揚げの3倍以上の価格ですが、社長のこだわりで替えましたので
差額は請求せずに納品させていただきました。
最高の着物に帯、小物にすべて最高のコーディネイトをしたいという気持ちがあり、満足のいく仕上がりです。 


にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg


category : きもの・帯   0 comments   0 trackback
コメント

管理者のみに表示
« 水沼駅そば祭り  |  home  |  最高の富士山 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。