スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告

7月の誕生石-ルビー

2013/07/01 Mon 05:55

お早うございます。 ジュエリー&きもの < サロン・ド 裕理 > の店長 児島です。

さあ!今日から7月です。7月の誕生石ルビーを紹介しましょう。

英国王が載冠式の時に使用される指輪は、純金製でセントジョージの十字架を彫り込んだ大きなステップカット
のルビーが26個のダイヤにとりかこまれてセットされています。
王の配偶者にもルビーの指輪を贈るしきたりがつづけられています。
ルビーはまさに王の宝石であり、王位を飾るにふさわしい格調を備えています。
-宝石への扉 柏書店より-

ルビーは情熱と愛情のしるしとして古来から珍重され、エメラルドと並び、古くから愛好されてきました。
ルビーの最高の色はミャンマー産のピジョン・ブラッド(鳩の血の色の赤)といわれていますが、
大型で良質ルビーの産出は少なく、ダイヤモンドと同等に高い評価をされます。

1-DSC_7506.jpg
-ピジョン・ブラッドのルビー 0.81カラット-

1-DSC_7480.jpg
-カボッションカットのルビー 3.5カラット-

1-DSC_7489.jpg
-ノンヒート(加熱処理をしてない)のルビー 1.167カラット-


ダイヤモンドに次ぐ硬さを持ち、燃えさかる炎のような鮮やかな赤色は、ほかの宝石にはない赤色で
小粒でも格調高く存在感があります。
結婚記念日は40周年が、ルビー婚式です。ルビーの持つ重厚な雰囲気は
年を重ねたミセスにこそ風格があり良く映えます。
赤い物を身につけてさらなるパワーアップをしてほしいですね。


にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ 

blog_ranking_click.jpg

category : ジュエリー   0 comments   0 trackback
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。